FC2ブログ

Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
03

いつの間にか。

もう今年も終わり。

今月初めに我が家の最後の猫が痙攣起こして完全為寝たきりに。
自力で飲食が出来なくなったので、3時間おきに強制給餌。
鎮痛剤を使って少しでも痛みから解放させてあげようと奮闘してた。

3時間おきに給餌なので合間合間にしか睡眠がとれない。
家族は不器用過ぎて給餌も投薬も出来ない。
結局俺一人で頑張った結果、見事に体を壊して、
帯状疱疹と肋間神経痛の痛みと闘う羽目に。
そんな地獄の様な師走を過ごしてきたけど、クリスマスの日に我が年老いた愛猫は旅立った。
家に来てから20年、可愛い猫だった。
モフる相手が居なくなって心底寂しい。
家のアチコチで、ふと猫の姿を目が探してしまう。

一時は5匹もいた猫ファミリーだけど今年、残っていた2匹が立て続けに旅立ってしまい喪失感が凄い。

体力回復しないといけない。

色々あるが。

金は全くないw

ずっと打ち込み作業中。
DAW環境が無いので(PC入手が無理)なので、
27年もののシーケンサーで作業中。中々難航している。
しょっちゅうぶち当たる難題が分解能の問題である。
ハードウェア音源をMIDIで動かすと少し遅延する。
で、オフセットして少し前ノリで動かしてアジャストしていく。
音源それぞれで遅延の具合はまちまちである。

音色にもよる。スローアタックな音色は先行して発音するようにして、
生で演奏する時のように美味しい所で鳴るようにする。

現在使っているローランドのシーケンサーの分解能は4分音符を96等分というもので、
今時のDAWとはけた違いに粗い。
一度DAWの環境に慣れてしまった身としては信じられぬぐらい
「痒いところに手が届かない」感覚なのだ。
実際今日もシンセベースのシーケンスとバスドラのタイミングがどうしても合わず死にそうになっていた。
「せめて分解能が192ならな~」とぼやき続けている。


新しいヘッドフォンが届いた。
JTSの安いモニター用のやつ。
さっそく試してみたら見事に1kHz周辺が凹んでるw
100Hz位が飛び出してるw
おまけに広がり感が無いw
とりあえずエージングしてみることにした。
レビューではエージングでその辺解消した話もあるので期待しつつ。

今まで使ってきたSONYのとは比べないつもりだし、
慣れが大事だと思っているので、早いうちに耳を慣らそうとは思っている。
まぁドンシャリは多少目をつぶれるので、ワイズ感だけなんとか修正していきたい。

シンセ音楽は定位感が大事だからな。

それにしてもSC8850はメチャ遅れる。
同じ音色でもJV1080と明らかに違う。
レイヤー用とハチプロのチープなドラム再現に使ってるけどズレがでかいので大変w
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード