Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

録音。

残っている機材引っ張り出して録音作業中。
とは言ってもまだMIDIデータ作り段階だけどね。

今時の環境ならノーパソ1台とMIDI鍵盤ひとつにオーディオI/Oだけで全部出来るのに、
こちとら録音も単体機使わないとアカンw
作業用PCはもう無いし、パソコンは居間にある家族のネット用しかない。
どでかいHDR、27年前のシーケンサー、数台のシンセ、音源、MIDIパッチペイと
部屋があっという間に歩く隙間もない状態にw
この物量と苦労が今時のノーパソ1台のDAW環境に全然勝てないのだから笑うしかない。
今時、全部フリーウェアや無料バンドルだけだって、もっと便利で多機能だからな。
本当、一度あのDAW環境の便利を知っているとハードで打ち込み録音するのキツイわw

シーケンサーがフロッピー仕様なので読み込み、書き込み共にエラーの連続で
神経擦り減りまくり。
もうジャンクでいいからPC買おうかなと思わずにいられないほどイライラするw
まぁ、金無いしやれるだけやってみるつもりだけど。
イライラの原因は機材だけじゃなくて「耳」の最悪の状態もあるからな。
おまけに顎関節の痛みが半端なくてヘッドフォンが関節締め付けてて痛ぇ。

前途多難だ~。

追記:久しぶりにCZ-1起動。やっぱり好きだ。

チープな電子音。

昔から好き、というか虜w
カシオトーンやポータトーンは一時期までずっと相棒だった。

自分の初ライブは中3の時だったんだけど、
その時はドラムじゃなくて鍵盤だった。
借り物の鍵盤でそれを借り物のデカいアンプで鳴らした。
学校祭の体育館のステージでね。
デカい音出し過ぎて先生に止められそうになったりw
で、その時の楽器がこの2台。





これを大音量で鳴らすとか、
もう音の暴力ですw
気持ち良かった~という良い記憶とともに、電子音の虜の始まりだったなと再確認。
今聴いてもチープ(良い意味で)ね。

前にも書いたかもしれないけど、自分が一番ハマったのは
もう少し後の機種でカシオのSK-1。
高校生の頃から昭和が終わってもまだしつこく使ってたぐらい。
周りの同好の士がカシオホーンとかに浮気しても俺だけはSK-1一筋w
カーツウェルとかCZ-1、DX7にProphet-5とかの中に燦然と輝くSK-1の音‼
ぶっちゃけ他のサンプラーより使い込んでた。

チープサウンド万歳!

でもね、工夫の無いGM音源使ったチープ(悪い方の意味)は好きじゃないけどね。
あくまで個人の好みの話だけど。
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード