FC2ブログ

Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

告知:アルバム「Garnet」販売開始です。

Boothにて販売を開始致しました。
crazyman2019.booth.pm/items/1288333

Garnet picture

1.Overflow 2019 mix
2.Longing Nudist Beach(憧れのヌーディストビーチ)
3.Grand Valley
4.Garnet
5.Virtual Geopolitics
6.Tirwedd yn y cof
7.Golden March
8.Alienation
9.Nigel

全曲作編曲、演奏、プログラミング、録音すべて私リチャード・クレイジーマン。
販売価格 ¥1.800

自室でコツコツ録音してました。
よろしくお願いします。

曲名にナンバリングされてるのはwavだと曲順書き込めないからですね。

古い曲ばかりです。
「Virtual Geopolitics」なんて31年前に作った曲ですわw

一番新しいのが「Overflow」。何年か前にMusieにあげてあった曲。

「憧れのヌーディストビーチ」「Grand Valley」「Garnet」は17,8年前に友人達と
ユニット作って発表した曲。
「憧れのヌーディストビーチ」は元はボサノヴァアレンジ。
今回なぜかモントゥーノに変身。変なシンセベースが変w
「Garnet」は当時は別の曲名でボコーダーで歌詞付きだったけど変更、
がっつりインスト曲になり申した。
「Grand Valley」も28年ぐらい前の曲ですけど、曲名がコロコロ変わってたw
この曲名に落ち着いたのは前述のユニットの時なんでけど、
名前の元ネタは某レースゲームに登場する架空のコースの名称です。
ゲームやっててその解放感に「ピキーン」と来ましたw
元はバリバリのフュージョンアレンジだったんですけど、今回はサンバですw
中間部では昔の相棒が弾いたクラビネットのデータを復元、ハイなフレーズが暴れてますw

6曲目のタイトルはウェールズ語ですね。

「Golden March」は1992年頃かな。当時の相方の和声をかなりそのまま尊重してます。
この曲、ジャンル問われても答えられないw
当時は曲名が無く「結婚行進曲」とか「平和な仮想旅団」とか呼んでました。

「Alienation」はきっちり30年前に作った曲。
最初はもっとバキバキにシーケンスがシンコペーションしてたけど、
いつの間にかブ〇ードランナーに化けてましたw
勿論強烈なリスペクトですけど、ここまで露骨なら笑って許されるかな?と思ってます。
これでもかってぐらいオバーハイムとJupiter-8のサンプル前面に出してます。

「Nigel」は人名。曲作ったのは1988年。
あの頃は日本人も結構、F1に興味持ってた。今じゃすっかりだけど。
マンセルに勝手に捧げる曲。
なのに当時は周りの連中は勝手に「ナイトライダー曲」と呼びやがって、ムカついてたw
曲のコーダ前に旋法バリバリ仕込んだら、何故かキング・〇リムゾンが登場してしまいましたが。
この曲もメロディのリード音は殆どCZ-1、しかもハーモニカ風のほうは純正プリセット!

ローランドのMV-30という非常にマイナーな機種を中心に、
カシオCZ-1、ローランドのJV-1080、SC-8850、コルグTRITONで制作しました。
ローランドSH-101をTRITONでサンプリングしてMIDIで走らせてもいます。
「Overflow」録音時にはProphet-5のサンプリングも使用してますが
今回はスネアドラムのみ差し替えなので、Prophet-5の音は新たに使用してないですね。
MV-30は古いシーケンサーです。D-70に近い音源も内蔵してます。
ノコギリ波じゃないシーケンスのピコピコ、チコチコした音色はMV-30が多いかな。
あと「Golden March」の無限音階もMV-30。

今までこんなにオケヒット使った事なんて無かったし、
今の時代にこんなにD-50やM1の音色をモロに使う事なんか無かった。
恥ずかしかったからね。
でも今回は開き直って昔の流行音色を使った。そしたら妙に楽しくなりましてね。
音色だけじゃなくてフレーズとかもあちこちから頂きまくりで、超ごった煮というか、
80's&90's風、音の九龍城砦を目指したわけです。
よく「音のパッチワーク」なんて綺麗に括られたりする言い方あるけど、
なるべくそういうのから外れるようには意識してましたw

古いシンセと今時誰も使ってない単体HDRを使って苦労しながら、
壊れた耳を更にイジメながら作った力作です。
どうか聴いてやってください。

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード