Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました

本当に忘れた。
広告消し。

昨日から正直暗い。
冨田勲氏が亡くなったショックは大きかったですね。
惑星を聴き返しその緻密な作業を想像して
その偉大さを改めて痛感しました。
昔テレビで見た、KX-5と音源をバイクの荷台に括り付けて
ツーリングする冨田勲氏の元気な姿を思い出しつつ、
偉大な先駆者を追悼したいです。

ここのところ音楽家があの世のセッションに
出掛けていってしまうことが多くて正直辛いですね。
時代や世代の移り変わりを強く感じてしまうし、
自分の年齢を自覚してしまうし、色々寂しくなるばかりで。


先月中旬に俺が係わっていたライブハウス
「A様」のマスターT氏が亡くなりました。
通夜も葬式もお墓もいらない、という人だったのですが、
まぁ色々あって簡易的な式と火葬場でのお別れは行われ、参加しました。
その後、部屋の片付けなどを手伝いにもいきました。

マスターのT氏はとても型破りな人で、お店も含めて色々逸話が残っています。
とてもブログに書けないようなこともたくさんw

T氏が客のいない暇な日中に店の窓から外を眺めていたら、
ビルの前を一見汚い、荷物を背負った浮○者にしか見えないオッサンが
通り過ぎようとしていたそうな。
T氏は只ならぬ気配を感じてそのオジサンを
「コーヒーを飲んでいきませんか?」と店に誘ったの事。
で、話を聞いたらそのオジサン、あの「ナナオサカキ」だったそうなw

俺が「A様」の音響を始めた頃、店の音響機器の幾つかが謎のハンドメイドで
それが独特で妙に気になっていたんですよ。
で、T氏に訊いたら昔「カモメちゃん」という初期スタッフの人が作っていったそうな。
その機器、よくある自作用の大きめの電子工作用ケースで作られてるんだけど、
ずっと「これ、どこかで見たことあるな~」って思ってたんですよ。
しばらく経った頃、YMOの写真集見てて気がついたんですよね。
「このメンバー用キューボックス、店のディバイダーのケースと同じだ」って。
その後、他の人から「カモメちゃん」が昔YMOのライブのスタッフバイトを
やってたって聞いてまさかと思いつつ「カモメちゃん」の本名をT氏に訊いたんですよ。
そしたらカモメさんの本名「加畑将裕」さんだっていうじゃないですか!
あのIBVA作った加畑さんですよ。あの細野さんのUFO友達の人じゃないですかw
笑いましたね~、あの時はw
加畑さん、この街の高専出身だとその時知りました。
ちなみにT氏、加畑さんが世界的に有名なUFOの人になってたこと知りませんでしたw

他にも山ほどエピソードはあるんだけど、ここには書けないのばかりだな~。
まぁ上記の2つだけでもT氏の天然人間磁石っぷりはお解りいただけるかなw
本人も色々型破りで個性の強い人でした。頑固で偏屈だったし。
その分、周りのスタッフは振り回されて大変だったけどね。

片付けの時店で使ってた窓7のPCを譲ってもらったのでそれを我が家で使おうと
思ってるのですが、中身の整理整頓が大変でまだ手がつけられてません。
(印刷物系とかハイレゾで録音されたライブ音源とかぎっちり詰まってる)
なんとか今月中に片付けてまともなネット環境を手に入れたいところです。

※ご遺族は静かにしてあげて欲しいと仰っているし、
※本人も冠婚葬祭大嫌いな人だったので周りで騒ぐ事をしたくないので
※店名と名前はイニシャル表記にさせていただいています。

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード