Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

ぶつぶつ戯言ひとりごと。

咳、薬飲んでもなかなか完治してくれない。
夜ツライので加湿器使おうと思ったら壊れてて水漏れ。
翌日、アイリスオーヤマのちっさいの買ってきた。
しかしスイッチが入らない。不良品だね。翌日交換してもらったけど。

昨晩寝ながら捻ったのか肩の痛みが少し強くなってる。
モーラステープはまだあるので当分しのげるか。
痛いところだらけの不調な健康状況で集中力が皆無。
車で出かける時は細心の注意を払って外出。
鎮痛剤を飲まないで済む日は来るのであろうか?

人間、健康である事がまともに生きていく事の基本条件なんだな。
多分、俺はどこかでしくじったんだな。
他の人は充分健康に気をつけたほうがいいよ、マジで。

------------------------------------------------------------------------------------------

まともに人間らしく生きることが出来ないので、
すぐに現実逃避するんだな、俺はw

これ、TR-626入ってるんだ。いいな。
単体販売は終わっててVコレクション3でしか売ってないんだな。



このソフトに収録されてるドラムマシンたち、セレクトが好きだな~。
コルグのKPR-77は人生初のドラムマシンだったな。一度だけ知り合いに借りた。
同じコルグのDDM-110は高校生の時、友人から長期で借りて多重録音に使ってた思い出の機種。
スネアの音がバタバタしてて独特だったなぁ。
自分で買ったTR-626はすごく好きだった。自分的にはTR-626のBD1の音を超える
バスドラのサンプルはこの世に無いと断言しておきたいねw
TR系のサンプルはピッチ弄ってもモタらないってのも使いやすかったな。
同じローランドでもPCMのDR系は相当モタるので
結局シーケンス側でノートごとにタイミング補正してたもんな。
カシオのSK-1はもうね、青春の思い出ですw キャンプとかにも持ってったぐらいにねw

RX5R-8なんかの音ははあの当時は誰でもすぐ音色わかっちゃうぐらいの定番過ぎの機種でしたよね。
当時は楽器の宣伝に有名アーティスト使うってのがあったけど、
カシオのRZ-1はサンプル自体がユキヒロ氏だったような。
このラインナップには無いけどヤマハのRX11とかはガッドのサンプルじゃなかったっけ?

オカルトなんだけどドラムマシンを自走させるのと外部からMIDIノート受けて発音させるのじゃ
全然グルーヴが違うってのが定説なんですよね。
今でもアカイのMPCとか使ってる人の間じゃあたりまえらしい。
当時、幾つかの機種でその様な事を体験した事はあります。
特にあの頃はPCベースのシーケンサーはMIDIのタイミング悪いってのが定説だったしね。
そう言えばATARIのSTなんかはMIDIのタイミングが良いってのが売りだったぐらい。

時代に取り残されたおっさんにしてみれば現在のドラム音源の進歩はなんだか
ついていけないぐらいハイスペックなんだけど、
それらを使ったトラックにあまり魅力のあるドラム音を見つけることが少ないのが残念だよね。
すげぇリアルな音なんだけど「欲しいパンチ」が腹に来ない感じでね。
でもこれ、音源だけじゃないな。書いてて気がついた。
生で良い音で録音されてても「来ない」ドラム音は溢れてるもんな。どれとは言わんけどw

結局は誰かできる奴が「良い音」を音楽にマッチしたところに仕上げないといかんのだろうね。

Comments

失礼します。

いろんなドラムマシンがあったんだなぁと読みながら思いました
皆それぞれ個性的な音を出してますね。
ドラムマシンは手元にあったら楽しいだろうなぁと
こういう動画を見ていて思います。

MIDIの話は「やっぱりコンピューターって生き物だな」
と個人的には感じます。
月兎さん、いらっしゃいませ。
もうそろそろオリンピックも終わりですな。

単体ドラムマシンは楽しいんですよ。
シーケンサーのように便利じゃないんだけど、
ハードから実際に音出てくると妙に楽しいので困るんですw
機種ごとに音色にもビートにも個性があり、
その時のシーンを象徴するような曲に使われていたりして、
そういう意味ではシンセよりも時代性が顕著なんですよ。
つくづくハードウェア全盛の時代のお話ですねw

昔友人とデモテープつくりをしていた頃の話。
私はシーケンサーの方が編集が楽なのでシーケンサーから
MIDIで一音一音ドラムマシンの音をトリガーしていたんだけど、
相棒はドラムマシンを同期させて録音した方がビートが気持ち良いと訴えていましたねw

バブル時代の高級路線はマックにパフォーマーというシーケンサーと音源の組み合わせが
流行してたけど、マックはMIDIの吐き出すタイミングが悪いと言われてましたね。
今じゃ信じられん話だと思いますがw

Leave a Comment


Body
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

RCのPIXIV絵
FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード