Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
06

益々寒いっス。

割とDTMって言葉は広まってるよな。
でもDAWって言うと「DTMとどこが違うの?」と返される事が多い。

DTMは皆が知っている通り「デスクトップミュージック」。
「卓上環境で音楽製作をする」行為であり、その環境などを指す言葉である。
まだコンピューターベースの音楽製作がMIDI環境のみで行われていた時代から使われていた言葉だ。
初期はコンピュータにMIDIシーケンスソフト、外部MIDI音源、それらを繋ぐインターフェイスなどで
構成され生音の録音が必要な場合は録音は外部録音機器を同期させて行っていた。
音源だけで完結する場合はMIDIで音量を書いてミキサーでまとめて一発で2トラに落とすなどの力技も。
SCやMUなどのGM音源系の人達は単体音源の限界に挑戦するのにMIDIのCC書く技術向上に熱中していたなw

で、HDD録音が単体機からコンピューターベースに移行して、
録音とMIDI環境が一体化したのがDAW「デジタルオーディオワークステーション」ですね。
簡単に概要を説明すると昔からあるMIDIシーケンスソフトのタイムコード上に、
生音(オーディオトラック)をMIDIと同様に録音、再生、編集できるようにしたもの。
初期はオーディオトラック数が限られていたり、
MIDIのテンポを変えてもオーディオトラックは追従できなかったり、
ソフトシンセやレコーディングにレイテンシーの問題があったりと色々不便もあったんだけど、
今はコンピュータも速くなったし、オーディオのストレッチなどの技術も進んで色々問題は解決。
本当に一昔前じゃ考えられないぐらいに快適環境になっているらしいね。

DAWは基本的にPCとDAWソフト、対応したオーディオインターフェイスがあれば制作は始められる。
最初に追加したくなるのはモニター用のスピーカーやヘッドフォンかな。
次にMIDI入力や各種操作にコントロールサーフェス兼用のMIDIコントローラーなど。
生音の録音などにマイクなどが欲しくなってきたら、音楽製作にはまってる証拠だw
今時のDAWにはソフト音源がこれでもか!というぐらいにバンドルされているので、
ほとんどの人は最初は音源は不足などしないんじゃあないですかね。
むしろ色々ありすぎて「これがやりたい」っていう目的がはっきりして無いと迷う原因になるかもw

本当、便利になってるんだなぁ…。
俺は10年以上も前にリタイアしたからこんなの↓信じられんぜw


一昔前にFM7とかあったけどこれもインターフェイス良いなぁw

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

RCのPIXIV絵
FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード