Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
11

フュージョン小僧の記憶力。

広告消し。
寒い。明日はまた雪が降るらしい。
今年は冬タイヤ新調諦めた。
当面は劣化したホイルの禿げた韓国スタッドレスを今年も
エア補充しながら使うこと決定。
仕事が見つけてお金が出来次第、新品購入する予定。
いつかブリザック買ってやるからな、チキショー。

---------------------------------------------------------------------------

さっきカシオペアの懐かしい曲を聴いて少し気分が良くなったw

▼Reflections Of You
メイクアップシティは何故か妙に好きな音なんだ。
初期のデジタル録音なんだけどそのせいか抜けも広がりもない。
デッドなんだけど変な強調もない、それでいて作った音という不思議なw

▼LIVING ON A FEELING
JIVE JIVEはそれ以前のアルバムとも以降のアルバムとも全く違った「強い音」の異色作。
これだけがロンドン録音だからなんだろうけど。
取り上げられることも少ないけど個人的には大好きな一枚。
多分、最後の出番であろうCS-70Mの向谷氏に作りこまれたリード音色が深いこの一曲。

▼SECRET CHASE
これもJIVE JIVEからだけど、LIVING ON A FEELINGとはうって変わってシンセは全編デジタル音源。
リードも過激だけど、この曲で注目すべきは後ろを埋めるホルン風パッド。
弾きながらずっと足(ペダル)でモジュレータ可変させてるという創り込み具合。
俺はこれ聴いて「FM音源ってスゲェ」と思ったもんだw

▼Touch The Rainbow
俺、高校のジャズ研ではドラムだったんだけど何故かこの曲はピアノ&キーボードだったw
音楽室のC7の上に借り物のDX21載せて弾いた記憶がある。
鍵盤下手なのになんで俺だったんだろう。そもそもその時ドラムは?
しばし考えて思い出した。あの時メンバーの誰かがドラムマシンを購入して
ライブで使おうということになり、確かそれで俺がKeyだったんだっけ。
今考えると当時の楽器少年達は、かなり子供っぽいねw

▼Magnetic Vibration
そもそもPlatinumというアルバムは変わっている。
Ⅱ→Ⅴ禁止令や原則白玉禁止令などかなりキツイ縛りで作ったそうだがw
その分次のユーフォニーは王道がはじけてたけど。
俺は桜井氏の曲作りが凄く好きだった。
この曲もリフが凄く重くて好きなんだよね。

なんだか久しぶりにフュージョン小僧の気持ちになったw
余計自分が年取ったんだなと自覚して悲しくもなったが。
しかも古い曲の方が覚えてることが多いってのも、問題だな。

カシオペアってやっぱりなんか特殊というか変だよね。
この手の音楽の本流とは違うとこにある感じ。
これもオリジナリティっていう奴なんだろうな、と。



プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード