FC2ブログ

Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

シンプル考

「シンプル イズ ベスト」という言葉にあらゆる場面で出会います。

特に俺のようなPA屋の現場では特にそういった場面が多発します。
確かに音響的にはデジタルであろうとアナログであろうと、
配線も機器もシンプルで且つ最短距離であることが理想的だからだけど。
この場合は確かに「シンプル イズ ベスト」は実感できる言葉でしょう。

でも楽曲作りにおいては必ずしもそうとは言えないというのが俺の考え方です。
アレンジやサウンドプロデュースの色んな場面にも「シンプル イズ ベスト」という言葉は登場します。
しかし音数や音色数を減らして、シンプルな構成にすることがすべての制作場面において
正しい選択ではないと思うのです。
アレンジなどで悩んで最終的な形が想像できないときなど、
音を減らして混乱を一時的に収める方法もあるわけですけど、
それで得られたシンプルな状況が「ベスト」な最終決定考かどうかはまた別の話です。

俺自身にとってベストな音像とは大体、複雑であっても入りと出がはっきり考えて作られていて
音楽的にも音響的にもバランスよく構築されていること、なんですけどね。
それを軽音楽の中で上手くやってると感じるのが昔の一部のテクノポップだったり、一部のプログレだったり、
いわゆる譜面的なジャンルだったりしますが、その上に肉体的な反応を加味したジャズも当然好きです。

逆にあまり得意でないのはあまり音の「横幅」と「高低」を考えずに、
たくさん音やフレーズをレイヤーしたような音楽ですね。
DAWの進歩とともにトラック数の制約が無くなった現代では、割と無神経に音を重ねてしまう人も
プロアマ関係なく多いようです。
これは聴いててつらいw
曲のどこを聴いて楽しめば良いのかわからない上に、せっかくのデジタルの広いダイナミクスレンジを
無駄遣いどころか台無しにしてしまっている楽曲の多いこと。
電気代とメディアの無駄遣いですね。ちゃんと勉強しろと思っちゃうw
確かにこんなんばかりだと「シンプル イズ ベスト」だと言いたくもなるわなw
でもこういうのと、音数多くてもよく出来ているのを一緒にされちゃ嫌だわ。

何が言いたかったというと、音楽はシンプルだけがベストではないでしょ?と。
なんでもかんでも「シンプル イズ ベスト」で理解や実践から逃げる音楽じゃしまらないでしょw

それにしても偉そうな物言いですね、俺。
まぁおっさんの独り言ですのでご容赦を。


おっと…。

AZUMIさんの動画漁ってたら俺が音響やってるの出てきて焦るw



これは移転後のA様のステージですね。
この動画でも解る程のひどい定在波がw
ステージ幅に対して奥行きが浅い上に、スピーカーの出音が厨房の壁に反射して
常時スラップエコーが聴こえるほどだった。
「お金出来たら吸音処理しましょう」と言っていたのに
こっそり内緒でグランドピアノ買われたんだよねw
そんなのもすでに思い出です。

AZUMIさん持ち込みのギター用マイクがドラム用ってのが面白い。
一応不安だったので補強用にAKGのC391立ててるけど。
多分音は持ち込みマイクだけだと思う。

この間はボーカルBeta58だったけど58より今っぽくって使いやすいね。

ピアノ音色ってのはピタッとハマっていないと超イケてない事態になると思うのですけど。

今どきのやたら音数の多いアニソンとかキャラソンとか、
「え~何でこんなとこにアコピ音色入れてるのよ?」とか思っちゃう事多いですw
バキバキの歪ギターでA、B、サビもお構いなしに壁作って隙間ないのに
小節の頭に意味のない白玉ピアノとか、
ズンズンピコピコシーケンスが飛び交ってるのに妙に安っぽいアコピで
白玉やってたりとか、意味の無いアコピ白玉が結構多いです。

鍵盤弾きが打ち込みでトラックを作っていく時、
仮コードパートをアコピ音でやっつけちゃう事は多いと思うんですよ。
で上積みでトラック作っていると初期の作業工程の意味を忘れてしまう事は
まぁ、ありがちですw
仮コードを差し替えること自体を忘れてしまったりね。

俺の場合はそれを避ける為に絶対最終的に残せないような音色でデモっぽく
作っていって、順次本チャンの音色に差し替えたりしてました。
そもそも設計図としての譜面をそれなりにしっかり書いておけば
もっと構成をイメージしやすくなるのでそんな面倒やポカも少なくなるのですけどw

最終的な出来上がりにアコピの音色が必要ないのならばトラック作りのどの段階でも
アコピ音を仮に使用するのは避けたほうがいいと思うんですよ。
アコピ音って結構支配力強いので、アレンジしながら上積みでトラック作っていく時に
邪魔だったり目移りの大きな原因になるんですよw
俺はあまりアコピに愛着無いからよく解らないんだけど、
鍵盤屋さんってなぜNew Song起ち上げた時にリズムの次にアコピ音色使うんだろうねw
そのある意味「悪癖」が無くなればもしかすると、
アニソンとかキャラソンに限らず、無意味なアコピ白玉が無くなるかもしれない。

いや、ただの邪推だけど。
ダサい意味無しアコピ白玉がこの世から消えますように。
カッコいいピアノだけあればいいよ。
音色に悩んだ末に思いつかず、消去法でアコピ音にしましたってのが一番かっこ悪い。

まぁ、いつもの超個人的見解ですけどね。

クリック音

ひと月経つの早すぎる。
正直2週間ぐらいの感覚しかないんだけど。
まじ怖い。

耳鼻科の先生がリリカ止めろというので止めたら5日ぐらいで痛みが襲ってきた。
結局また処方してもらう事に。
高い薬だから止められたら良かったんだけどな。

リリカ飲んでても抑えられない許容範囲超えた痛みがたまにあるんだけど
そういう時は更にロキソニンとか気休めに重ねて飲む。
役所から「ムコダインとロキソニンはお前のような貧乏人には勿体無いのでジェネリックにしろ」
とのお達しが来た。
ムコダインは耳管の状態を改善してくれる有り難い薬なのだけど、正直置き換えるの怖いなぁ。



愚痴ばかりでも仕方ないので、ちょっと変わった話でも書こう。
読んでくれる人がいればありがたいけど。

ボーカルについての超個人的考察。

あくまでこの後に書かれている事はRCの個人的な馬鹿な主観に基づくものであり、
社会的常識に基づいた発言ではありません。決して鵜呑みにしてはいけませんw
また不真面目で変態な音響屋は多分私だけですので音響職全体を偏見で見ないように。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ボーカル専任の人って面倒くさいw
クラシックの「歌」の人は文化的後ろ盾あるから余裕ありそうだけど、
軽音楽や歌謡の人はだいたい面倒くさい。
歌唱力尊重や精神論重視、「歌詞」をお芸術や文化に持ち上げての存在証明。
本当に面倒くさい人が多い。
私自身はサウンドさえ良く出来ていれば歌なんかおまけなので、
ボーカリストのエゴなんて邪魔なだけよ。
上手かろうが下手だろうがあんまりそこは私の個人的な善し悪しに関係ない。
中途半端に歌唱力あって、変な自意識持たれたら音の邪魔になるので
かえって下手で無知で天然であってもらったほうが良い。
そういう意味では一部の女性のアイドル歌謡や声優曲、キャラソンなんかはマシなほう。
男はすぐアーティスト気取るから問題外ねw

私自身は女性の歌声が好きなのでありますが、そこに歌い手のエゴや自意識はいらないんだなw
まぁ凄く怒られそうなことばかり書いてますが、ここは俺の日記帳!ということで勘弁してねw
実際にそんな事、歌っている女の人つかまえて言ったら平手打ちのひとつでもくらいそうです。
ステキな女性ボーカルは必要だ!だが、生身の女性ボーカリストはいらねぇ!
そんな風に考えていたある種の捻じ曲がった「声フェチ」の私。

90年代初めにヤマハが物理モデリングを発表した時、「これで人工音声とか出来ねぇんだろうか?」
などと考えたものなんですねw
しばらく経ってからMUシリーズというプラグインボードで拡張できるXG音源が登場したんですけど、
その拡張音源の中にPLG100-SGという合成音声をDTM上で歌詞付きで歌わせる事ができるのが出たんですよ。
PLG100-SGのデモ
その時はちょうど直前に音源周り新調したばかりでMUを買い足す余裕が無かったので買えずじまい
だったのですが、「これ絶対ヤマハに俺と似たような人工音声フェチいるぞ」と思ったものです。
で、その後のボーカロイドの登場となるわけですが、その時には私はリタイアしてたわけでw
今、全部環境整える事ができればなぁ…としょっちゅう思うのですがそんな金は無ぇ!
夢、いや妄想に時代が追いついたのに無念極まりないのですが、その辺は他の人に任せましょうw
そういう訳でボーカロイドは人工音声による女性ボーカルという究極の声フェチを満足させるものなのよ!
と、たまごまご氏に熱弁をふるったのですが、彼の俺を見る目は完全に痛い人を見る目だったのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

PAやってる頃は色んな女性ボーカリストの我侭に泣きそうなことがたくさんあった。
ステージからこっち睨むんだよね、皆w
どうして欲しいかハッキリ言える人少ねぇんだよ、面倒くさいわ。マジで。
楽器の人は皆ボキャブラリーあるからちゃんと伝えてくれるのにねw

一度、凄い美人のボーカリストに睨み続けられて、逆に何だかいい気分に舞い上がった事がありますw
相手は明かに思い通りにならなくて不機嫌なんだけど、こっちは綺麗な人相手だったのでそれだけでもうw
不真面目?はい、その通りです。その時だけは不真面目でした。完全にMっ気が出ましたw
でもこんな美人に睨まれたんですよ↓。致し方ないでしょう?



プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード