Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
02

広告消す。

ストレス貯まる日々で辟易。
冬は嫌い、

色々やろうと思うことが中々出来ない壁にぶち当たって
色々難しいので困る。
せめて健康な体があれば、と思うことが多いが
そもそも健康でなくなったから今の状態に陥ったんだと何度も思い返すルーティンw

最近身体がどんどん固くなっていく自覚がある。
最近前屈がきつくなってきた。
手首、足首が固い。
年齢以上に衰えてるんじゃあないかと焦りがすごい。

美味しいものが食べたい。
温泉に行きたい。
どちらも健康上の理由で色々無理だけどw

---------------------------------------------------------------

だいぶ前に仲間と作った自主制作のCD-Rの在庫がかなり劣化してるのに気がついた。
プリンタブルの白いレーベル面が内側から変色してるのだ。
聴いて確かめると、パリパリしたノイズが乗り、ノイズのピークに合わせて音が割れる。
ハードディスクからWMPで新しく焼いて比較すると明らかに在庫は駄目な音。
ノイズや割れだけでなく音そのものが別物。
やっぱりディスクメディアの寿命は長くないな。

----------------------------------------------------------------

どうせ面接受けても不採用ばかりなので、また何か作ってみるかなという気もしてる。
やるならまた18年物の単体HDR使うしかないけど、
問題は使えるオーディオI/Oを持って無いから、マルチで録れても外に吐き出す手段が無い事。
ハードオフとかにも行ってみたけどオプティカル受けるのは無かった。
今時の安いI/Oはアナログ/USBのみが当たり前だからな。
前の時はまだ前のPC(仕事用にゴツいオーディオI/Oが後付けされてた)が生きてたからなぁ。
時代においてけぼりされてるから仕方ないよなw

ちゃんと眠れぬ…。

眠くなって寝ても、2、3時間で目が覚める。
またまた睡眠負債がw

おまけに変な夢を見るので困る。
本当に困る。

----------------------------------------------

ドラムを叩く、というか叩けない夢を見た。
ちょっと嫌な夢だ。
ブランク長くて体が思うように動かないというリアリティのある夢。
繰り返すがちょっと嫌な夢だw

ブランク長くて思ったように叩けない、という経験は何度かあった。
まぁそれでも夢の中身程叩けなかったわけじゃあない。

そう言えば何年か前、面白いことがあったな。
ライブハウスのセットアップをイベント前日に一人でやることがあって、
何時間もかけて楽器を並べ、アンプを積み、マイクを立ててワイアリングする。
黙々と作業をしてセットアップが出来たら、今度は音出し。
耳が駄目なので耳栓+イヤーマフ装備で、各楽器を鳴らしてモニターの返しをチェック。
ドラムもモニターの確認に少し叩いて。
「さすがに鈍ってるな~」と思いつつ、数分叩いたらそこそこ脳と手足が繋がってきた。

そうしていたら下の階のお店のお客さんが「天井が揺れて困る」
と苦情を伝えに来てくれたのですぐに音出しを中止。
ほぼチェック終わっていたので良しとした……、がしかし
苦情の人が「そんな下手な演奏聴かされてうんざりだ」と仰ったw
申し訳ないと平謝りしてお帰り願った訳だがw

で、何が面白かったのかというと
実際、自分を贔屓目に言うわけじゃないけど
その時は別に下手なドラムを叩いたつもりはないんだ。
どちらかと言うと面倒なドラムを叩いた。
八分の七拍子にたまに八分の九拍子が割り込む、
所謂変拍子というのを叩いていたんだが…。
自意識過剰な「俺、まだまだ解りづらいのイケる」をやっちまったのだ。

そりゃあ綺麗なお姉さん並べてカラオケで良い気分で歌っていたら
天井のシャンデリアぐらぐら揺れるような、
偏屈なプログレ魂かましてる変なオッサンのドラム聴こえたら
迷惑以外の何物でもないでしょうよw

そういうの知らない人が変拍子を他パート無しで聴かされたら
「下手なドラム」になるんだ!と結構驚き、苦情の人が居なくなった後
1人で腹抱えて笑い転げたのだ。

いや、苦情の話だから面白がっちゃあダメなんだろうけどw

あれから数年、少しずつ身体は衰えていく実感があるので
いずれは夢でみたように演奏できなくて泣くようなこともあるかもしれない。
そうならないように頻繁に耳栓して基礎練はしてるけど、
ドラムは案外全身使うからどれぐらいの役立つことかわからないな。

----------------------------------------

どうせなら、女子にキャーキャー言われるようなハッピーな夢がみたい。
いや、悲鳴じゃなくて。

ペン

夕方からずっとグループBの頃の動画色々漁ってた。
やっぱり女史はカッコいいな。

シグノ、太さ変えつつ色々試し描きしてるんだけど、
すごいな、これ。
これもうコスト考えなければGペン丸ペンいらねぇな。
ただしインクジェルの減り方が半端ねぇw
抵抗感少ないから軸ペン使うより作業進行は速いかも。

もう年末だな。
今年も無駄に過ごした。
車のバッテリー死んだ。
ありとあらゆるものが動かなくなっていくので
どんどん心がヤバい。

寒い、寒い。

少し前に高校生が地毛である茶色の髪を染めるよう学校側の指導を受けた話題が
ツイッターのタイムラインに並んでいた。
それに目を通していた時、自分の高校時代を思い出していたw

自分はあの馬鹿馬鹿しい80年代のど真ん中に高校生だったせいで
今時の高校生とは環境が違ったんじゃないか、とか考えてしまった。
私が通っていた高校は制服着用の義務がなく、全生徒の3分の1位が私服登校。
残りは制服(一応女子の指定セーラー服はあったが、男子は学ランで指定は無しというアバウト設定w)で
登校しているといった感じだった。
私より一世代前の生徒の「自治改革」によって勝ち取られた「私服登校OK」だったらしい。
何だかなぁ・・・w

私が入学した時はニューウエーブが商業に取り込まれてニューロマンチックが猛威を振るってた頃で、
2年、3年の先輩の中には学校の中をこんな↓カッコウで闊歩している一団がいた。マジでw



私の世代で例の「肩パッド入れ過ぎジャケット」が流行してしまい、
教室や廊下に「偽デヴィッド・バーン」が溢れたことがあった。
格好つけたアパレルだけじゃなくてその辺のスーパーの衣料コーナーでも
肩パッド盛りすぎジャケットが売られていた為、
普段は学ラン登校しているような奴まで着ている始末w
今考えるととてもおかしなことだと思う。
ちなみに当時はユニクロやGU、シマムラとか無かったから
田舎の10代の衣料格差は凄かった。
スーパー衣料着てる奴か、全身DCで武装してる奴か、みたいな。

私は当時も金無かったから色々工夫してたけど。
でも、パステルカラーのモッズコート着て真っ赤なソックス履いて
トレバー・ホーンみたいなデカい眼鏡かけて変なツーブロックの刈上げ頭してる
当時の写真見たら死にたくなるけど。

ちなみにそんな母校も今では指定の制服が変わり、制服で通う学校になっているそうだ。
昔の人が「私服で通う勝ち取った権利」は時代が変わってまったく意味がなくなってw
そりゃあ「制服カワイイ」とか世代ごとに感覚的なもので移ろっていくのが自然でしょう。

どこぞの元知事が「荒れた学校じゃ規範は必要」みたいなこと言ってたようだけど、
そもそも「荒れる」と「髪染め」がリンクしてるように刷り込まれてるからおかしいんだよね。
だからよその国の人が聞くと「日本人おかしい」になる。
確かに私の母校は一応進学校で、私の世代のあの髪染めや派手な服装での登校が
「グレた」による発露でないことは確かだったと思うんだけど。
だからと言って荒れた学校の生徒云々はあまりに単純すぎる物言いだと思う。
そもそもこの「荒れる」→「身なりの乱れ」という昭和時代のテンプレがおかしいし、
むしろ「荒れる」若者がその古いテンプレに従っているような本末転倒が起きている気がする。
この古いテンプレを無くせばそのうち「髪が茶色い」は「身なりの乱れ」ではなく「身体の一部」という
本来のポジションに戻れるのではないだろうか?

グレた生徒の多い学校は逆に制服や身なりの規定を排除してみたらどうだろう?
グレた生徒が「身なりの乱れ」で反抗してもそれを「反抗」とみなされなかったら
身なり以外の「反抗」を「考える」ようになるのではないだろうか。
それこそ「自分と社会」を考える、ひとつの教育に相当する事なんじゃないだろうか?
な~んちゃってw
おふざけなので関係各位の皆様、ご容赦ください。

広告消し。

大切な家族の一員である愛猫が旅立ったり、
親戚で不幸があったり、
なんとか激安鉄チンで新しいスタッドレスに履き替えたら
ブレーキのキャリパーのピストンが干渉するギリギリのサイズで
走るのに物凄い不安抱えたり、

なんか大変で、目眩が。

最近、アチコチ痛みがすごいのでロキソニン服用しようと思ったら
切れてて中々眠れなかったり。

良い出来事、幸運が訪れますように。他力本願w
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード