Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

ごった煮の楽しさ。

「ごった煮」のテープとかMDとかCD-Rとか、
そういう一昔ふた昔のそういう習慣?が好き。
自分で欲しくなって買って聴く音楽もそりゃ当然いいんだけど、
自分以外の人が作る「ごった煮」もすごく好き。

自分以外の人のチョイスは楽しいし、
自分の目線以外の見方はすごい勉強になった。
(俺だけかもしれんけど)自分だけじゃ狭い狭いw
少なくとも俺の場合は周りの人のお蔭で色々吸収させてもらった。
まぁ俺の視野が狭いのが周りから見てて分かったからなんだろうけど。

知らなかった音楽から得られる最大の恩恵は「スタイル」だと思ってる。
得た「スタイル」は編曲に生かせる。
「そんなの当たり前な話じゃん」と思われるだろうけど、
自分の「言語」として使えるものを自力だけで収集するのは大変。
自分の狭い興味の枠を超えてそれらを得るってのは中々…。

昔、誰だったか忘れたけど「演奏の見せ場は曲の中に小が1回、大が1回」と教えてくれてw
で、編曲する時にその考えを応用するようにしてきたんだけど。
いつもムズムズするような展開とそこからの見せ場、みたいなの造りを意識してた。
だから仕事で編曲頼まれたりした時はきっちりその辺押さえてやっていたので
かなり王道な作りしてたと思うんだけど、そんな時に役立ったのがさっきも出てきた「スタイル」。
俺がやったのはローカルミュージシャンの編曲や地方の会社の社歌の作曲とかだけど、
それで仕事としてギャラ貰えたんだからしっかり役立った訳で。
ごった煮を供給してくれた友人たちに感謝しているわけです。

教科書みたいな曲があるので貼っておk。
Burt Bacharach / Don't Go Breaking My Heart

2分ちょいの曲でど真ん中の1分過ぎからのムズムズする転調からのグロッケンの入る着地。
で、何事もなかったように戻りフェードアウトまで淡々と、という王道。
クール過ぎw
バカラックは本当に出来すぎの曲が多くてたまらん。
これもごった煮からの勉強だったんだよ。有難いもんだ、マジで。

NBR24h

毎年J sportsでニュル24h観てる。
もう10何年続けて観てる。
田中哲也がファルケン34GT-Rとかで出てるころからかな。
J sportsがまだ国内でもESPN表記だった頃だもんな、もうかなり経ってる。

ニュル24hもだいぶ変わったと思う。
草レース的な感じはほぼ無くなって、
ドイツのメーカーのマーケティングの印象が強くなってる。
とは言えコースの外でどんちゃん騒ぎやってる見物客とか
レースウィーク中の現地の街の感じとかはあんまり変わってないようだけど。

J sportsはありがたい存在。
基本ニュルもルマンもヨーロッパツーリングカー選手権もスーパーGTもWRCも、
俺はJ sportsがあるから見て楽しめる。
最初はWRCの小平さんの番組があったから見始めたんだけど。

唯一の不満はWRCの最終日の生放送時にたまに「雉」が出てくること。
以前、地上波のラリーの番組に雉が出てて観なくなった。
J sportsのWRCの番組でも雉が出ずっぱりの頃は観てなかったし。
まぁローブが原因で飽きていた事もあるけど。
一時期はもう「世界ラリー選手権」じゃなくて「世界ローブ選手権」にしてしまえよ!
ぐらいに思っていたからw

耐久レースをテレビに張り付いてお祭り気分で観てるのは楽しい。
夜更かししててもどうせ無職だし。
やけくそだw

頭を空にしたい。

医者に新しい趣味を、と言われたけど無理だなw
今まで趣味なんてあっただろうか?

ねぇな。
音楽は趣味じゃないし。
固執だもの、ガキの頃からの、

なので耳壊しても小さい音で楽器演奏してる動画とか見てても
それは時間つぶしの趣味じゃなくてキチガイの執着なんだな。

で、最近は自分の世代じゃ考えつかない位のハイテクドラマーの動画見てたりする。
最近、馬鹿テクな女性ドラマー増えたな。それもユーチューブありきのとか。
オジサンの時代には想像もつかなかったことだよ。
そういう動画眺めてるのは趣味に入るのかしら?
いやどちらかと言えばフェチだなw

俺の場合、「女子とドラム」の原体験が強烈だったから。

-----------------------------------------------------------------------

中学生の時、俺の家でバンドの練習してたんだけど、
他のメンバーの事が気になってるらしいクラスの女子が練習を見学に来た。
その子はブラバンで打楽器パート、ドラムも叩いてる子だった。
で、「○○さん、叩いてみてよ」っていう流れになったんだけど、
その女子、セットに座ってから頬を染めながら、

「今日スカートだから無理・・・」
と膝に両手をおいて恥ずかしそうに言ったの。

その日から「女子」と「ドラム」は俺の脳の中で変なスイッチで繋がれてしまっていて、
女性ドラマーに対する俺の眼差しはかなりオカシクなっていると思うのだ。

他の人にすりゃアホな話だろうけど。
セクハラじゃないよ、おっさんだけど。
崇めてるの、心の中で。おふざけは無し。尊い。

この話、前にも書いたかもしれないけど。
オジサンだから記憶がね。

痛いしつらいし眠いから寝る。

更新するような中身は無し。

最近、悪夢ばかり見る。
この辺はやっと桜の風景に。

以下、愚痴吐きなので隠すので読まないで下さい。
ひと様に読んでもらえるような内容じゃないので。

なんかいつの間にか暖かい感じに。

別段春の到来を素直に喜べないのは、北海道の春は雪解けで汚いからなんだけどw

耳鼻科、別な病院に移った。
新しい所に行って分かったのは今までの所は本当に耳鳴りについてやる気が無かったんだなって事。
これからの所も耳鳴り専門じゃないけどそれなりにやってくれるみたいでホッとしている。
本当は札幌の耳鳴り専門医の所に行きたいけど経済的に通院無理なんだよね。

まぁそれでも今回も「耳鳴りや聴覚過敏はわかっていることが少ないので現状では云々」
の下りがお医者さんから言われたので過度な期待などしてはいないのだけど。
ただ、最近どんどん悪くなってる自覚症状があるので相当な焦りもあるわけで。
ぶっちゃけ下も上もない音しか聴こえていない。
スピーカーの前にいて、今まで何とか聞けていたボリュームで音出しても
シンバルやベースをはっきり聴くためには耳の後ろに手をあてるようにしなければいけない。
相当駄目になっているんだ。

正直キツイな。

-----------------------------------------------------------------------------

話題変わって、
以前はこのあたりだとコミックなどは発売日から2日遅れだったんだけど最近は3日遅れになる事も。
正直、今までがおかしかったんだと思う。
他のジャンルでもそうだ。
マイクとかを千葉の音家の通販買ったら翌日に届いたこともある。
こんなの早すぎでおかしいだろ?
送料と所要時間が釣り合ってないとずっと思っていたもんな。
どこかで割を食っている奴がいるはずだと。

物流が健全化、適正化することは世の中に必要な本当のゆとりを生むと思うんだが。
まぁ専門外なので余計なことは言えないが。

-----------------------------------------------------------------------------------

いつの間にかこんなの出してたんだな。


なんというかあの昔の「優等生じゃないコルグ」な感じの音が帰ってきたような気がするw
M1以降デジタルのコルグは優等生だったもんな。
この独特さは昔の、個性がありすぎた頃のコルグの雰囲気があるわ。
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード