FC2ブログ

Richard Crazyman's Queer Greeting

ちんけなネタ絵描き「リチャード・クレイジーマン」のよくわからないブログ。絵が見たい人はpixivの方でどうぞ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々あるが。

金は全くないw

ずっと打ち込み作業中。
DAW環境が無いので(PC入手が無理)なので、
27年もののシーケンサーで作業中。中々難航している。
しょっちゅうぶち当たる難題が分解能の問題である。
ハードウェア音源をMIDIで動かすと少し遅延する。
で、オフセットして少し前ノリで動かしてアジャストしていく。
音源それぞれで遅延の具合はまちまちである。

音色にもよる。スローアタックな音色は先行して発音するようにして、
生で演奏する時のように美味しい所で鳴るようにする。

現在使っているローランドのシーケンサーの分解能は4分音符を96等分というもので、
今時のDAWとはけた違いに粗い。
一度DAWの環境に慣れてしまった身としては信じられぬぐらい
「痒いところに手が届かない」感覚なのだ。
実際今日もシンセベースのシーケンスとバスドラのタイミングがどうしても合わず死にそうになっていた。
「せめて分解能が192ならな~」とぼやき続けている。


新しいヘッドフォンが届いた。
JTSの安いモニター用のやつ。
さっそく試してみたら見事に1kHz周辺が凹んでるw
100Hz位が飛び出してるw
おまけに広がり感が無いw
とりあえずエージングしてみることにした。
レビューではエージングでその辺解消した話もあるので期待しつつ。

今まで使ってきたSONYのとは比べないつもりだし、
慣れが大事だと思っているので、早いうちに耳を慣らそうとは思っている。
まぁドンシャリは多少目をつぶれるので、ワイズ感だけなんとか修正していきたい。

シンセ音楽は定位感が大事だからな。

それにしてもSC8850はメチャ遅れる。
同じ音色でもJV1080と明らかに違う。
レイヤー用とハチプロのチープなドラム再現に使ってるけどズレがでかいので大変w
スポンサーサイト

秋が短い。

我が家の猫も今ではもう20歳を過ぎた母猫一匹だけになり、
4匹の子供たちが先に全員旅立ってしまったのだが、
その母猫もついに自分で立って歩くことが出来なくなり世話が大変。
一時は食べなくなってしまいかなり弱ってしまったのだが、
消化器系はまだ健在みたいでなんとか持ち直してくれた。

このひと月はすっかりそのせいで睡眠時間が激減してしまい、
自分のフィジカルとメンタルがボロボロ。

一昨日、無理やり時間を作り、行きたかった紅葉見物に行ったのだが、
時すでに遅し、紅葉はもうほぼ終わっていた。
紅葉ポイントがただ寂しい場所だったので結局また支笏湖へドライブ。
樽前や風不死もすでに冠雪しており「冬は嫌だな~」とぼやきながらあげいもで暖を取るおっさん。
タイヤ交換の時期も近い…。

----------------------------------------------------------------------

ラジオ代わりにCSの音楽放送チャンネルかけてることが多いんだけど、
ジャズのチャンネル付けてたらエライねっとりしたMISTYかかっててふき出した。

MISTYと言えば昔、ピアノで弾けるように練習した。
ハッタリかます曲が1曲ぐらいはあった方が良いだろう、とせこい事を考えて
鍵盤奏者でもないくせに割と真面目に練習して、
それなりのアドリブっぽい(ぽいだけで実際はしっかり構成作っていたw)感じで
ハッタリかませるぐらいに弾けるようにはなった。
数年かけて持ちネタと言えるぐらい流暢に弾ける様にはなったんだけど、
その後ある事があって弾かなくなった。
弾けなくなったんだけど。

北欧ジャズのライブのPAが終わった後、打ち上げの最中メンバーの一部が軽くセッションという流れに。
夜も遅くメンバーが2人ぐらい、後はライブの客数人とうちらスタッフぐらいしかいなかったんだけど、
誰もピアノ弾こうとしなかったので店のマスターが「お前やっとけ」と押し付けてきたw
本物のジャズミュージシャンと演奏できるピアノの腕前があるわけじゃないので、
恐る恐る「これでいいスか?」とMISTYを弾き始めた。
最初は割とスムーズに弾けてたんだけど(ハッタリ用の練習してたし)、
始まってそんなに経たないうちにお客の一人が「MISTYかよ、生意気~」と側に来て仰ったわけで。
そのお客さん、この辺じゃ結構知られてるアマのジャズピアノ弾きの人で…。

その瞬間、頭の中が完全に真っ白。手も止まっちゃった。
コード進行もメロディも、テンポすらわからなくなっちゃって。
8小節ぐらいピアノの前で固まっちゃった。
で、そこからの判断は早くその声かけてきたピアノ弾きの人に無理やり交代してもらったw
俺は厨房の方に戻って「いや~ハッタリってかますの難しいッス」とか言い訳して見学役に。

この話の変なところはここから。
実はその後すぐに、リベンジするためもう一度MISTYを練習しようとしたんだけど…。
譜面を見ても、参考演奏の音源聴いても、以前自分で録音したのを聴いても、
全然曲が「入って来ない」状態で全く弾けなくなってしまったのである。
解りやすくメロを右手で弾いても左手が全然入って来ない。
まるで高速合流出来ない若葉マークの人みたいに反応できないw
脳みそもちゃんと働かないし、体も全くいう事聞かない。
この曲だけ何故か身体が音楽のやり方を忘れてしまったようで全く演奏できなくなったのだ。
メンタルなのか、フィジカルなのかわからんけど壊れたフラッシュメモリーの領域並みに
この曲に関してアンタッチャブルな部分が俺の中に出来てしまったらしい。
実に不思議な現象で、実は今でもこの状態が続いているのだ。
実際、昼間の打ち込み作業中に試してみたのだが、やはり全然駄目だったw
一体何なのだろう…。

しかし不思議だねぇ。つくづく他の大事な曲じゃなくてよかった。
プロフィール

Rクレイジーマン

Author:Rクレイジーマン
リチャード・クレイジーマン
職業:愛猫家
妄想を絵にしています
2弦がよく切れます

FC2カウンター
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。